心に響いた言葉

テレビ番組をあまり気にして観たことがあまりなかったのですが

ダウンタウンの松本さんと中居さんの番組で

甲本ヒロトさんがゲストで出演されていたのを

何となく面白そうだなあ。と思って観ていました

甲本さんの音楽は 学生時代によく聴いていました

とびきりのファンだった訳ではなっかったですが

歌詞をよく聞き込んだ思い出があります

あまりテレビに出演されることはないそうで

貴重な映像なのかしら?と思いながら

面白おかしく繰り広げられるトークに

釘付けになって観ておりました

甲本さんのこれからの夢は何ですか?

の質問に対して

よく聞かれるんだけどね と…

以下言葉はうる覚えなんですが…

みんなさ、有名になってお金持ちになりたいとかいうでしょ?

それってさ、夢が2つあるんだよね

有名になるって事と

お金持ちになるって事

僕はさ バンドがやりたいってのが夢だったの

だから夢は今でもずーっと叶ってるんだよ

といってみえました

サラッと言われたその言葉に

強烈に胸を打たれてしまいました

今 お店を始めて4年目です

優しいお客様に支えられて何とか3年がまるっと過ぎました

お店を始めた時は無我夢中で

やりたい気持ちだけで走っていました

そんな時期があったから 今があるのだとは思います

お店を開きたいと

何十年も想い続けて

毎日出来ることを少しずつ準備してきました

そして お店のオープン

夢が叶った時

たくさんのお花に囲まれて

幸せなのと これからのプレッシャーと

いろんな感情がありました

とにかく前をみようと自分に言い聞かせたりして

お店に立っていたのを思い出します

そして4年目

何となく

次の目標みたいなものをぼんやり考える自分もいたりして…

小さなドリーマーな私は何か向かうものが欲しかったりします

でも 実際 今の私には体力がなくて

思考も行動も前のようには出来なくて…

ジレンマを感じながら 日々過ごしていました

そんな時の甲本さんの言葉にジーンとしてしまいました

腹にすとんと落ちた言葉でした

必要な時に必要な言葉が聞けるようになっているのですね

ありがたいと思います

これからも

美味しいと言ってもらえる料理を

喜んで帰っていただける空間を

提供していきたいと思います

毎日できる事をコツコツと自分らしくやっていきます

シフォンケーキ

今までシフォンケーキを何回焼いてきたかしら?

なかなか上手く焼けなくて

何度も失敗しました

長男が保育園の頃だったから

もうかれこれ20年くらい前に初めて型を買ったような?

上手く焼けていないケーキでも

家族は喜んで食べてくれて…

一番喜んで食べてくれたのは今は亡き父でした

そのうち

自分で焼きたくなったらしく

レシピを教えてくれと言い出し

何回も何回も焼いて

自分流のアレンジを入れて楽しんでいました

私の友達が来ている時に

ちょっと食べてくれと

差し入れしてくれたりもしました

最近ふと思い出したりしているのですが

そう言えば父は欲しい物を何でもすぐに買ってくる人で

ある時 サイフォン式珈琲メーカーを買ってきて

どや顔で珈琲を入れてくれたりもしました

行きつけの喫茶店に無理やり連れて行かれたり…

もしかしたら

父も喫茶店がやりたかったのかしら?

なんて思う事もあります

私が「自宅カフェをやりたい」と考えていたのはずっと前からでしたが

本格的に動き出した時には

父はもう他界していました

自宅カフェをやることに誰一人応援者はいない状況のなかで

何かの力で開業の方へ導かれて行ったのは

強い思いと父が応援してくれたのかもしれないです

本当に不可能な状況でしたから…

父が元気であれば

間違いなくお店に立っていただろうなあ

今お店で焼いているシフォンケーキの型は

娘が誕生日に買ってくれた大事な型で

形も大きさも材質もお気に入りです

今では水分量など自分流で配合しても焼けるようになりました

私の焼くシフォンケーキは卵白も卵黄も同量です

卵白が多いシフォンよりずっしりしっとりで美味しい気がします

美味しいと言って食べてもらえるかぎり

これからもシフォンケーキを焼き続けるのだろうな

私はそう言ってもらえる事が本当に幸せなのです